So-net無料ブログ作成

ノーベル平和賞ってすごい・ジャン・アンリ・デュナン赤十字を創設 [ノーベル平和賞]

1863年、ジュネーヴで負傷兵救済国際委員会が結成され、これが赤十字社の誕生に発展した。その後、各国赤十字社の創設から国際赤十字に向かっていく童貞過程で、赤十字の活動範囲は戦争捕虜に対する人道的救援、一般的な災害被災者に対する救援へと拡大していったが、彼自身はこの活動から身を引き、世間からも忘れられていた。晩年、ドイツのシュトゥットガルトの老人エロ写メホームにいたところ、たまたま老人たちの話を聞いていたジャーナリストが彼と気がつき、それが第1回ノーベル平和賞の受賞につながった。ちなみに、その賞金は本人の希望で全額赤十字に寄付された。
なお赤十字のマークは、彼の母国であるスイスの国旗が元となっているという説が有力である。現在、スイスのハイデンにアンリ・デュナン博物館がある。また、彼の誕生日である5月8日は、万国赤十字デーという記念日となっている。

デュナンは赤十字を創設したため赤十字の父と呼ばれている。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。