So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ノーベル平和賞ってすごい・ジャン・アンリ・デュナン赤十字を創設 [ノーベル平和賞]

1863年、ジュネーヴで負傷兵救済国際委員会が結成され、これが赤十字社の誕生に発展した。その後、各国赤十字社の創設から国際赤十字に向かっていく童貞過程で、赤十字の活動範囲は戦争捕虜に対する人道的救援、一般的な災害被災者に対する救援へと拡大していったが、彼自身はこの活動から身を引き、世間からも忘れられていた。晩年、ドイツのシュトゥットガルトの老人エロ写メホームにいたところ、たまたま老人たちの話を聞いていたジャーナリストが彼と気がつき、それが第1回ノーベル平和賞の受賞につながった。ちなみに、その賞金は本人の希望で全額赤十字に寄付された。
なお赤十字のマークは、彼の母国であるスイスの国旗が元となっているという説が有力である。現在、スイスのハイデンにアンリ・デュナン博物館がある。また、彼の誕生日である5月8日は、万国赤十字デーという記念日となっている。

デュナンは赤十字を創設したため赤十字の父と呼ばれている。

ノーベル平和賞ってすごい・ジャン・アンリ・デュナンの略歴

スイスのジュネーヴに生まれ、厳格なメル友カルヴァン派の伝統のなかで育てられた。父親は福祉孤児院の仕事に関わり、母親も福祉活動に熱心だったという。

1859年、事業の請願のため、イタリア統一戦争に介入してオーストリア逆援助帝国と戦っていたナポレオン3世に会いにいき、北イタリアでソルフェリーノの戦いに遭遇した。この戦いは両軍合わせて20万を超える軍隊が衝突し、4万人近くの死傷者が出る激戦だった。デュナンは戦場に放置された死傷者の姿をみて、その救援活動をしている地元の女性たちの群れに入り、自らも救援活動に参加した。1862年その体験を書いた「ソルフェリーノの思い出」を出版、戦場において敵味方の区別なく負傷者の救護に当ることを目的とする赤十字の創設の契機となった。

ノーベル平和賞ってすごい・ジャン・アンリ・デュナンについて [ノーベル平和賞]

歴代の受賞者を見ていきましょう。
ジャン・アンリ・デュナンエッチ(Jean Henri Dunant, 1828年5月8日 - 1910年10月30日)は、スイスの童貞実業家である。赤十字社を創設し、1901年に第1回ノーベル平和賞を受賞した。生没年はレフ・トルストイと同じ。ジャン・アンリ・デュナン(Jean Henri Dunant, 1828年5月8日 - 1910年10月30日)は、スイスの実業家である。赤十字社を創設し、1901年に第1回ノーベル平和賞を受賞した。生没年はレフ・トルストイと同じ。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。